魔法に溢れたミュージカル最高傑作!ディズニー映画『メリー・ポピンズ』作品紹介

2019年11月30日 15:56

[Dtimes]

抜粋

ディズニーのミュージカル最高傑作『メリー・ポピンズ』

1964年に公開されてから現在まで、世界中で愛され続ける魅力いっぱいの名作です。

実写とアニメーションが織り交ぜられた素敵なミュージカルが、映画の世界に私たちを引き込み勇気を与えてくれます!

 

ディズニー映画『メリー・ポピンズ』作品紹介

 

メリー・ポピンズ

 

タイトル:メリー・ポピンズ(原題:MARY POPPINS)

製作:1964年/アメリカ

上映時間:140分

 

ウォルト・ディズニーがP.L.トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」のキャラクターに着想を得て映画化されたファンタジー溢れるミュージカル『メリー・ポピンズ』

幻想的なアニメーションがストーリーの各所に散りばめられ、疲れた心に元気を与える名曲の数々とともに多くの人々の心を掴むディズニーの代表作品です。

ある日突然、家族のもとにやってきた不思議な家庭教師が、映画を観る人全てに魔法をかけるとびきりメルヘンなミュージカル映画を紹介します!

 

ストーリー

 

メリー・ポピンズ6

 

ロンドンに住む真面目な銀行員バンクス氏は、つつましくも明るい家庭を持っていました。

娘のジェーンと息子マイケルのために厳しい乳母を捜していたバンクス氏でしたが、子どもたちは「優しくて若くて美人で親切」な乳母が来ることを願っています。

そんな子どもたちの願いが天に届いたのか、ある朝、パラソルを開いた女性が風にのって家族のもとに現れます。

 

メリー・ポピンズ1

 

彼女こそメリー・ポピンズ。

空から現れたメリーに子どもたちは大はしゃぎ!

メリーの不思議な力で子どもたちは彼女と一緒に信じられない体験を重ねます。

 

メリー・ポピンズ9

 

美しい絵の中に入り込んで遊んだり、空中でのお茶会に出席したり、驚きとワクワクの毎日に、想像力を健やかに育んでいく子どもたち。

しかし、気難しく疑い深いバンクス氏は、あまりにも不思議で奇想天外なメリーに不信感を持ち続けていました。

子どもたちがメリーにいつまでも家庭教師を続けて欲しいと願う一方で、バンクス氏は爆発寸前!

はたして、メリーとバンクス氏は和解できるのでしょうか。

 

キャスト&スタッフ

 

メリー・ポピンズ11

 

キャスト:
メリー・ポピンズ:ジュリー・アンドリュース/麻生かほ里
バート:ディック・ヴァン・ダイク/山寺宏一
バンクス氏:デイヴィッド・トムリンスン/永井一郎
バンクス夫人:グリニス・ジョーンズ/天地総子
アルバート:エド・ウィン/滝口順平
エレン:ハーミオン・バドレー/小宮和枝
ジェーン:カレン・ドートリス/阿部麻美
マイケル:マシュー・ガーヴァー/辻治樹

スタッフ:
監督:ロバート・スティーブンソン
脚本:ビル・ウォルシュ、ドン・ダグラディ
製作:ウォルト・ディズニー
美術監督:キャロル・クラーク、ウィリアム・H・タントク
音楽:リチャード・M・シャーマン、ロバート・B・シャーマン

メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースはこの作品が長編映画デビューながら、堂々のオスカー受賞を果たしています。

そのほかにもその年のアカデミー最多13部門ノミネート、5部門を受賞し、映画としての完成度の高さもお墨付きです。

 

イマジネーションを刺激する名曲とアニメーション

 

メリー・ポピンズ10

 

『メリー・ポピンズ』の注目すべき点は実写とアニメーションの合成でメリー・ポピンズの不思議な魔法を表現した画期的なアイディア。

画面いっぱいに溢れるような作品の魔力に大人も子どもも夢中にさせられます。

そして、それら夢のような映像を引き立てる名曲の数々にもぜひ注目してください。

当時アカデミー作曲&歌曲賞を受賞した素晴らしい楽曲の中から代表的な名曲をピックアップ!

 

「お砂糖ひとさじで(A Spoonful Of Sugar)」

 

メリー・ポピンズ4

 

映画の中で幾度も歌われる「お砂糖ひとさじで」

ジュリー・アンドリュースの素晴らしい歌声で奏でられるこの曲は、メリーの魅力を余すところなく伝え、一曲で子どもたちを魅了します。

ぱちっと指を鳴らすだけで子ども部屋を次々と片付け、鏡の中のメリーと二重奏をする場面には胸が踊ります。

 

「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)」

 

メリー・ポピンズ2

 

世界一長い単語がタイトルになっている「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」

この有名曲を歌うのはジュリー・アンドリュースと、メリーの親友である大道芸人のバートを演じたディック・ヴァン・ダイク。

 

メリー・ポピンズ7

 

実はディック・ヴァン・ダイクは2018年にリメイクされた『メリー・ポピンズ リターンズ』にも登場し、見事なタップダンスを披露しています。

アニメーションのキャラクターと会話をしながら歌われる早口言葉のような歌詞が人々を元気づけるエナジーソングです。

 

「チム・チム・チェリー(Chim Chim Cher-ee)」

 

メリー・ポピンズ3

 

最後は耳に残る掃除夫たちのテーマ曲「チム・チム・チェリー」

少し悲哀のある曲調ながら、ユーモアあふれるキャッチーなこの曲、思わず一緒に歌い出したくなってしまいます。

 

ディズニーの最高傑作ミュージカルが憂鬱な気分も吹き飛ばす!

平穏な日常も冒険に変えてしまう魔法の映画『メリー・ポピンズ』、家族で観るのにぴったりのハートフルな傑作です。

『メリー・ポピンズ』は、Disney DELUXE(ディズニーデラックス)で配信中です。

Disney DELUXE ロゴ ディズニーが持つ4つのブランド、ディズニー、ディズニー/ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの映像コンテンツが見放題となるほか、限定のグッズやコンテンツなどが楽しめる、ディズニー公式定額見放題サービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」で配信中!


Copyright © 2019 Dtimes All Rights Reserved.

この記事を見る