大ヒットアイスホッケー映画の続編がドラマシリーズとして登場!ディズニープラス『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』

2021年03月05日 11:42

[Disney(ディズニー) – Dtimes]

抜粋

ディズニーやディズニー&ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックから500以上の映画作品、100以上のTVシリーズやディズニープラスのオリジナル作品が見放題のディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」

数ある魅力的な番組の中から今回、大ヒットアイスホッケー映画『飛べないアヒル』の続編となるオリジナルドラマシリーズ『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』を紹介します☆

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』

 

『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』

© 2021 Disney

 

配信開始日:2021年4月2日(金)よりディズニープラスにて独占配信スタート

配信話数:全10話

原題:The Mighty Ducks: Game Changer

 

1992年に公開された映画『飛べないアヒル』の続編として配信がスタートするオリジナルドラマシリーズ『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』

映画『飛べないアヒル』は、勝利だけを追い求めてきた敏腕弁護士の「ゴードン・ボンベイ」がおちこぼれの少年アイスホッケーチーム“ダックス”のコーチを引き受けることからスタートします。

彼らのひたむきに努力し続ける姿を見て、これまでの自分を反省しながら過去の情熱を取り戻していく物語です。

1作目の公開時には全米で初週末第一位を記録し、2019年には公開25周年を記念したイベントがロサンゼルスで実施され、世界中からファンが駆け付けました。

今でも多くの人に支持され、子供だけでなく幅広い世代から愛される作品となり、ファンの期待に応え続演を含む3作品の映画が製作された大ヒットシリーズとなっています。

そんな『飛べないアヒル』の続編となるディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』のみどころを紹介していきます☆

 

ストーリー/あらすじ

 

『飛べないアヒル -ゲームチェンジャー-』_1

 

『飛べないアヒル』では弱小だったアイスホッケーチーム“ダックス”。

強豪チームとして生まれ変わったものの、年月が過ぎ、今ではエリートだけをチームに入れ、落ちこぼれを切り捨てる冷酷なチームに変貌してしまったところから物語が始まります。

12歳の「エヴァン」が”ダックス”に加入することが出来ず落ち込んでいると、母の「アレックス」は子供たちが心から楽しめることを目的にしたチーム“ホークス”を作るため動き出します。

「エヴァン」と「アレックス」は、学校に馴染めないはみ出し者を集めて新しいチームメイトを集め始めるも、コーチ選びが難航。

そこで白羽の矢が立ったのが、 “ダックス”を勝利に導いた元コーチの「ゴードン・ボンベイ」

しかし彼は当時のアイスホッケーに対する熱い想いはすっかり消え失せていて、「ホッケーは大嫌い」だとコーチのオファーを一蹴します。

「エヴァン」と「アレックス」は、新しい仲間たちと共に、最高のアイスホッケーチームを作ることが出来るのでしょうか?

仲間たちと何度も壁にぶつかりながらも「ホッケーがしたい!」という熱い想いを胸に必死に立ち上がろうとする”ホークス”。

心温まる爽やかなサクセスストーリーに、きっと誰もが彼らを応援し、見守りたくなるはずです!

 

日本版予告を解禁

 

 

『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』の配信に先駆け、誰もが胸を熱くする日本版予告が解禁されました!

今回解禁された予告編は、自分らしくいるため、そして自分が好きなことに打ち込むために、何度も挑戦し立ち上がるそれぞれの姿を凝縮。

そのひたむきな姿に誰もが胸熱くなる感動の約2分半となっています。

アイスホッケーの知識はゼロでも、誰だって楽しむことができるチームを作ると奮闘する「アレックス」、スポーツが得意でないけれども好きなことに挑戦したいと勇気を振り絞り、声をあげる子どもたち。

そして「負け犬」と罵られて、強豪チームに吹っ飛ばされても、何度も立ち上がる子供たちの姿を見て、心が動く「ゴードン」

まさに、苦難に直面しても努力を続ける子供たちの姿に、大人も勇気をもらえる新しいファミリードラマの決定版です!

 

スタッフ/キャスト

 

『飛べないアヒル -ゲームチェンジャー-』_3

 

製作総指揮:エミリオ・エステベス

共同制作者兼製作総指揮:スティーブ・ブリル

共同制作:ジョシュ・ゴールドスミス、キャシー・ヤスパ

キャスト:ブレイディ・ヌーン、ローレン・グレアム、エミリオ・エステベスなど ※敬称略

 

キャストは1985公開の映画『ブレイクファスト・クラブ』で俳優として知名度を上げ、2018年公開の映画『パブリック 図書館の奇跡』で名を馳せた名匠エミリオ・エステベス氏が、映画シリーズと同じく「ゴードン・ボンベイ」を務めます。

また「エヴァン」の母親「アレックス」役には、テレビドラマ『ギルモア・ガールズ』の母親役としても知られるローレン・グレアム氏が出演。

また、本作にはファミリードラマならではのニュースターの可能性を秘めた子役たちが数多く出演します。

『グッド・ボーイズ』の初々しい演技が記憶に新しいブレイディ・ヌーン氏をはじめ、映画やドラマで注目の若手子役が集結しているのも要チェックです!

 

アレックスを演じる主演のローレン・グレアム氏からコメントが到着

 

『飛べないアヒル -ゲームチェンジャー-』_2

 

「エヴァン」の母親「アレックス」を演じる主演のローレン・グレアム氏からコメントが到着。

「私は『飛べないアヒル』の映画シリーズを見て育ったの!

人生の挫折をコメディタッチで描きながら、子供たちが家族として、チームとして1つになる姿に胸を打たれるのよ。」

と、映画シリーズの大ファンであることを教えてくれました。

「ゴードン・ボンベイ」を演じるエミリオ・エステベス氏との共演については

「彼が出演した『ブレイクファスト・クラブ』などを見て育ったの。

とてもポピュラーな存在だったわ。

彼はとても頭の良い人で、監督としても経験があるから、今回の共演で彼の1日中作品について考え、全身全霊で没頭する姿を見られて感謝しているわ。

長い間仕事をしていると、つい気にかけなくなってしまう原点を思い出させてくれたのよ。」

と語ってくださいました。

そして、最後に作品を楽しみにしている日本のファンに向けて

「パーフェクトなファミリーTV 番組になっているわ!

どんな年齢でも、楽しんでもらえる作品になっていると思うの」

とコメントされました☆

 

大ヒットアイスホッケー映画『飛べないアヒル』の続編として配信される、家族で楽しめること間違いなしのファミリードラマ。

オリジナルドラマシリーズ『飛べないアヒル-ゲームチェンジャー-』全10話は、2021年4月2日よりディズニープラスにて独占配信スタートです☆

ディズニーデラックス ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信中!

月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆


【解禁日時:3月5日(金)午前10時】『ラーヤと龍の王国』画像
映画館&ディズニープラス プレミア アクセス 同時公開!ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』

続きを見る

『ベイマックス ザ・シリーズ シーズン 2』
『ベイマックス ザ・シリーズ』シーズン2の配信も!2021年4月のディズニープラス注目作品まとめ

続きを見る

Copyright © 2021 Dtimes All Rights Reserved.

この記事を見る